貸出端末について

ながいアフタースクールでは、スクール会員全員にchromebookを貸し出しています

この端末では、子どもたちがクエスト活動を各家庭で行うためにも使われます
その他にもオンラインイベントの際に子供用の端末があることで親御さんの端末が制限されることはありません

しかし、「小学生の子どもに端末を渡すのは不安」という親御さんも多いのではないでしょうか?
「時間の忘れて触り続けてしまうため、生活リズムが崩れてしまうのではないか?」
「自分と危ない人やサービスにふれてしまうのではないか?」
「勝手に課金などしてしまうのではないか?」
実際にこうした理由で子どもには端末を持たせていないひとが多くいます

一方でこうした危険は今後様々なサービスを使っていくうえで付き合っていかなければいけないものです
ながいアフタースクールでは、禁止にするのではなく、これを機会に一度家庭内のルールを作って頂きたいと思っています

そうして各家庭ごとにできた利用ルールに合わせて各端末を設定して貸し出すことをながいアフタースクールでは行っていきます。そうすることで年齢ではなくその子の成熟度に合わせた設定に随時変更することが可能です

また基本的に子供が利用するアカウントはながいアフタースクールで作成して提供するものになりますので、親御さん自身がIT機器に対して詳しくないという場合でも安心して持たせることが可能です

PAGE TOP