放課後を冒険しよう

ながいアフタースクールは、
子供を預かるための「学童保育」ではありません。
学校の成績を上げるための「学習塾」でもありません。

子供たちが自発的に様々なクエストにチャレンジし、
自分の好きな事を発見したり、得意な事を伸ばしていく、
探求型のハイパー学童です。

子供たちにとっての「放課後」という時間は、
その後の人生にとっても、極めて影響の大きく、
貴重な時間だと私たちは考えます。

そんな放課後の価値を改めて見直し、
より多くの「きっかけ」と、
多様な「選択肢」を用意することで、
子供たちの視野と可能性を少しでも広げてあげること。

それがこの地域に暮らしている
大人としての役割だとも感じています。

好きかどうかは、やってみないと分からない。
さあ、冒険に出かけよう。
僕らの、本当の「好き」を探しに。

ながいアフタースクール8つの特徴※今後の予定を含みます

1.探求活動の支援

 哲学・経済・歴史・芸術・科学・デザイン・プログラミングなど、様々な分野のクエスト課題を、子供たち自身が自ら選んでチャレンジします。1人で黙々と取り組んだり、仲間と協力して取り組んだりしながら、クエストをゲームのようにクリア(達成)していく中で、自主性や自己肯定感を身につけると共に、その子自身の中に眠っている興味や関心を発掘します。大人はあくまでもそのサポート役です。また、クエストはオンラインで自宅からでも挑戦ができます。

2.探求活動の可視化

 児童が取り組んだクエスト課題は集計データ化して、分野ごとにグラフやチャートで可視化します。自分の子供が今何に関心を持ち、どんな課題を取り組んでいるのか、また将来どんな道が向いているのかを、夫婦や親子で話し合えるようにします。

3.宿題時間の導入

 入場(ログイン)した児童は、クエストの前にまずは学校の宿題に取り組みます。宿題が終わった児童から、クエストに取り組めるような動線をつくります。また、地域のお兄さんやお姉さんが、一緒に勉強を見てくれるような仕組みを導入し、子供たちのやる気と、地域内での接点を創出します。

4.催事クエストの開催

 オンライン参加にも対応した催事クエストを、定期的に(月1回〜2回程度)開催します。ご自宅のパソコンやタブレットから参加し、達成すると報酬を受け取ることができます。また当日会場に来ている児童は、リアルなライブイベントとして参加することが可能です。(令和3年4月まではプレイベントとして開催)

5.発表会の開催

 1年に1回アワード(発表会)を開催し、探求活動の中で生まれたひとりひとりの成果や作品を発表する場をつくります。成果物は公式サイト上でも公開し、児童の取り組みを大いに賞賛し讃え合います。児童の成功体験や自己肯定感を育むことが目的です。

6.タブレット端末のレンタル

 市内の遠隔地にある小学校の児童や、自宅から参加したい児童にも対応するため、あらかじめ初期設定やクエストで使用するアプリケーションをインストール済みのタブレット端末を貸し出します。このことにより、児童は各々の場所から自由にクエストに挑戦できます。なお、通信料は含みませんので、インターネット環境については、各自にてご準備ください。

7.入出場管理システムの導入
(預かり児童のみ)

 児童が入出場のボタンを押すと、自動的に父兄にメールが配信されます。入出場をデータ管理すると共に、父兄の皆様への安心を提供します。

8.ライブカメラの導入
(預かり児童のみ)

 施設内にはライブカメラを設置し、父兄の皆さまは児童の様子をいつでもインターネットを介して見ることができます。活動をオープンにすることで、子供たちが頑張って探求活動に取り組んでいる様子を、保護者へのコンテンツサービスとして提供します。

料金表

<基本メニュー>

アフタースクール会員 3,000円/月
  • 通常クエストへの挑戦(オンライン可)
  • イベントクエストへの参加
  • 備品貸出および材料利用
  • クエストチャートの閲覧 ※保護者用

<追加メニュー>

タブレットレンタル 1,000円/月
  • 子供用タブレット端末の貸し出し(wi-fi機能付き/保険付き/初期設定済み)
放課後預かり(20人限定) 10,000円/月
  • 空間利用および児童預かり(下校~19時まで)
  • 宿題のサポート
  • クエストのサポート
  • ライブカメラの閲覧 ※保護者用

  • 放課後預かりについては、年間契約を優先とさせていただきます。(支払いは月々払い)
  • タブレットレンタルには、通信料を含みません。各自インターネットの環境をご準備ください。
  • イベントクエストについては月に1回〜2回程度の開催となります。

私たちについて

《解決したい社会背景》

  1. 共働き世帯の増加
  2. 既存学童施設の定員過多
  3. 祖父母の負担過多
  4. 教育の選択肢が少ない田舎町
  5. 時代の変化に伴い求められる能力が変化
  6. やりたい事や好きな事が見つからない子供たち
  7. 生産活動<消費活動(ゲームやyoutubeなど)

《目的(ミッション)》

地域の子供たちに、新しい「可能性」と多様な「選択肢」を提供する。

《目標(ビジョン)》

放課後を冒険にする。

《運営主体》

運営:日本・アルカディア・ネットワーク株式会社
後援:長井市、長井市教育委員会

《対象》

長井市内の児童

《活動内容》

児童向け探求施設(ハイパー学童)

PAGE TOP